不妊治療について

不妊治療について

初診時にはどのようなことを行うのか

鹿児島で温かい家庭を築こうとして結婚した夫婦の中には、なかなか妊娠せずに困っている夫婦もいるでしょう。何年も子供ができないまま過ぎてしまうと、焦ってしまうかもしれません。そのようなときには、産婦人科で不妊治療を検討してみるのがいいかと思います。鹿児島では、平野エンゼルクリニックで不妊治療を行っているので予約を取ってみましょう。

初診では問診が行われ、生理に関することや過去の妊娠歴、既往歴などについて質問されます。それから採血や基礎体温チェックなどをして、身体の状態に異常がないかどうか確認するという具合です。血糖値やホルモンなどの状態を見ることで、不妊の原因を絞り込めることもあります。

それと併せて、超音波検査やおりもの検査、子宮がん検診なども実施されます。超音波検査では子宮や卵巣の状態が分かり、不妊の原因を知るヒントになることも多いです。おりもの検査を実施すれば、病気に感染しているかどうかが分かることもあります。

不妊検査と不妊治療の主な内容

産婦人科の不妊検査では、内分泌検査や子宮卵管造影法などを行います。内分泌検査というのは、ホルモン測定とも呼ばれホルモンの状態を確認するものです。子宮卵管造影法では、月経から排卵までの間の子宮の様子を確認できます。それと併せて、超音波検査を実施して、子宮や卵巣の状態を詳しく確認するというものです。

不妊の原因が分かったら、その原因に合わせて一般不妊治療やタイミング法、排卵誘発法などの方法で治療を行います。平野エンゼルクリニックでは人工授精法も可能です。

また、不妊の原因は女性側だけにあるとは限りません。不妊検査を実施して異常がなかった場合には、旦那さんが原因で妊娠しない可能性もあります。そのため、平野エンゼルクリニックでは、旦那さんの精子検査も実施しています。採取用の容器を渡されるので、自宅であらかじめ採取して持参して提出可能です。

また、平野エンゼルクリニックでは、フーナー試験という検査も実施しており、女性本人の頚管粘液と旦那さんの精子の適合性を確認できます。